ALTIMA

マクニカグループ 株式会社アルティマ

  • 目的・課題から探す
  • メーカーから探す
  • 製品カテゴリから探す
  • サポート
  • アクセスマップ

- 作業効率最大14倍の実績※1、システムコスト削減、早期市場の投入を実現可能に -


2015年02月10日


半導体・システム機器の輸入、販売及び技術サポートを手がける株式会社アルティマ(本社:神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)は、このたび、Plunify Pte. Ltd. (以下、プルニファイ社、本社所在地:シンガポール)と販売代理店契約を締結し、同社の FPGA デザイン最適化ツール「InTime(インタイム)」の販売開始することを発表いたします。アルティマは、プルニファイ社の国内初※2 の販売代理店となります。


プルニファイ社の「InTime」は、論理的手法で FPGA デザインの最適化を行い、設計生産性の向上及びシステムコストを削減することができる、これまでにないソフトウェアです。近年の FPGA の高集積化により、設計者が課題としているタイミング収束やエリア使用率、消費電力の改善などの調整を機械学習を通じて自動的に分析し最適化するツールです。


実際の導入効果例としては、従来のマニュアルでのアプローチでは4-6週間かかっていた作業が、「InTime」の機械学習の機能により、タイミング収束までの時間を大幅に削減、最短3日間で完了した実績があり、作業効率を最大14倍上げることができました。(※1:図1参照)このようなパフォーマンスの向上により、デバイスのスピードグレードを下げることができ、製品のシステムコストの削減に貢献し、早期市場への投入が可能になります。


本日の発表に際して、アルティマの代表取締役社長 三好 哲暢は、次のように述べています。 『アルティマは、1991年の設立当初より20年以上アルテラ社の FPGA/CPLD 製品を使用した開発のサポート、プログラミング及びその他トータル・サポートを提供しています。アルテラ社 FPGA と本日発表のプルニファイ社の「InTime」を組み合わせて提案することにより、FPGA をご利用になる設計者の方に相乗効果の高い最適なソリューションとして紹介できることを嬉しく思います。』


<InTime の特徴>

  • タイミング収束、エリア使用率の改善、消費電力の最適化により、パフォーマンスを向上
  • 機械学習の導入によりタイミング収束までの時間を大幅に削減
  • デザインの変更無しで、論理合成及び配置配線の結果を改善
  • 操作が容易:数クリックで実行(細かい設定や事前準備が不要)
  • 過去のコンパイル結果の機械学習による分析で次の戦略(アルテラ社開発ソフトウェア
    Quartus® II 向けの設定情報)を自動で生成柔軟なライセンス形態を提供
  • 結果及び傾向をグラフィカルに比較確認できる
  • 2週間の評価ライセンスを提供(無償ダウンロード)

InTime 導入効果例
<※1図1: InTime 導入効果例> タイミング収束までの時間を大幅(最大約1/14) 削減

   プルニファイ社 「InTime」 製品の詳細と評価用ライセンスお申し込み
  http://www.altima.jp/products/software/etc/plunify.html

  ※2:2015年2月現在 アルティマ調べ

 

  株式会社アルティマについて

株式会社アルティマは1991年に設立され、日本市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービスおよび技術支援を提供しています。

同社は設立当初より米国アルテラ社の CPLD/FPGA 製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミングおよびその他トータル・サポートを提供しています。

また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、コンピュータ・ストレージ装置、OA 機器、クラウド・データセンターなど、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、更なるトータルソリューションをお届けしています。
アルティマに関する詳細は、http://www.altima.co.jp/ をご参照ください。 

 

  Plunify Pte. Ltd. (プルニファイ)について

Plunify(プルニファイ)社は本社をシンガポールにおき、2009年に設立された FPGA デザイン最適化ツールを提供するソフトウェア・ベンダーです。

Plunify は半導体設計エンジニアが既存のワークフローを変えることなく市場投入までの時間を短縮し開発コストを削減するソリューションを提供します。
同社の EDAxtend™クラウドプラットフォームと InTime タイミング収束ツールにより FPGA デザインの性能目標を容易に達成し、市場投入までの時間を大幅に削減します。詳しくは www.plunify.com を参照ください。

  本プレスリリースに関するお問合せ先

【 報道関係者様からのお問合せ先 】
株式会社アルティマ マーケティング企画室 熊倉
TEL:045-476-2155 FAX: 045-476-2156
お問合せフォーム:http://www.altima.co.jp/guestroom/m4.html
URL:http://www.altima.co.jp/

【 お客様からの製品に関するお問合せ先 】
株式会社アルティマ プロダクトマーケティング部 プルニファイ担当 池田
TEL:045-476-2155 
お問合せフォーム:http://www.altima.co.jp/guestroom/m4.html 

※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

 

 

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼
  • オンラインショップ
  • セミナ・ワークショップ
FPGA2.0
開発事例
メールマガジン