ALTIMA

マクニカグループ 株式会社アルティマ

  • 目的・課題から探す
  • メーカーから探す
  • 製品カテゴリから探す
  • サポート
  • アクセスマップ
● アルティマが提供する環境発電商品を、ヤマハが無線センサシステムに採用
    〜当社が取り扱う、超低消費電力 Wi-Fi、超低消費電力マイコン、高性能電源管理 IC 等を搭載〜  
 

  株式会社アルティマ(神奈川県横浜市港北区新横浜 1-5-5、代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)はこのたび、ヤマハ株式会社(静岡県浜松市中区中沢町10番1号、代表取締役社長:梅村 充、以下ヤマハ)の温度差を活用した無電源無線センサシステムに、アルティマが提供する各種環境発電商品が採用されたことを発表致します。
 

  ヤマハの無電源無線センサシステムは、外部から電源供給をすること無く、熱源と周辺気温の温度差から電気エネルギーを取り出し、無線モジュールを動作させることが可能な装置です。発電部分にはヤマハ製温度差発電素子を用いており、無電源無線センサシステムを構築するボードには、アルティマが取り扱う、リニアテクノロジー社の電圧安定化回路や二次電池の充放電制御回路、IPS 社(インフィニット・パワー・ソリューションズ)の薄膜二次電池、ゲインスパン社のWi-Fi モジュールを搭載し、そのボードを駆動させることで、無電源無線センサシステムを実現しています。
 

  本システムは、熱源と周辺気温の温度差約10〜15 度で、温度、湿度などの計測データを、Wi-Fi を通じて、クラウドへ送信できるようになっており、社会インフラ、プラントなどにおけるあらゆる排熱を利用して、装置の異常監視や周辺の環境データ計測などを可能とします。Wi-Fi を搭載することにより、クラウドと親和性の高いIP ベースのネットワークを構築することができ、さらに、搭載しているゲインスパン社のWi-Fi モジュールは、SSL サーバー対応のため、スマートフォンから直接、制御、モニタリングが可能となります。また、配線が不要のため、初期導入コストも抑えることができます。
 
このように、温度差発電による電力供給のため、無線センサ配備後の電池交換作業を削減でき、複数配備する無線センサの維持管理コストを抑えることが可能となります。 
 
このたび、アルティマが提供する環境発電商品をヤマハが採用した理由は、無電源無線センサシステムを構築する際に必要となる、環境発電による安定したワイヤレスセンサーネットワークの実現のためです。アルティマが提供する各種商品は、環境発電による微弱な電力を最大限に活かした低消費電力の商品であり、安定的なシステム動作を実現します。また、それらをワンストップで提供し、統合したアルティマの独自リファレンスプラットフォームを活用して、システムレベルの提案、開発サポートを行うことにより、ヤマハの無電源無線センサシステムの短期商品化の実現に貢献しました。
 
アルティマでは、今後更に環境発電とワイヤレスセンサーネットワーク市場の活性化を目指して、システムレベルの提案を加速、バッテリーレス、コンセント不要、保守不要の製品化のサポートをしていきます。
 
なお、ヤマハが開発を進めている試作機は、2013 年1 月30 日より、東京ビッグサイトで開催される、Smart Energy Japan 展のアルティマ・ブースに出展する予定です。熱源をエネルギーとして、Wi-Fi 無線でスマートフォンに計測値を送るデモを公開する予定です。
 

【出展情報】 メンテナンスフリーの実現 ! 環境発電〜センサーネットワーク

■ 展示会名:Smart Energy Japan 2013
■ 開催日 :2012年1月30日(水)〜2月1日(金)
■ 会場   :東京ビッグサイト 東1ホール アルティマ・ブース(小間番号 1H-17)
http://www.altima.co.jp/event/sej2013.html

【アルティマ 各種 環境発電商品の概要】

■ リニアテクノロジー社 高性能アナログ IC
・1chip で「電力変換/エネルギー管理」電圧安定化回路や二次電池の充放電制御回路

■ IPS社(インフィニット・パワー・ソリューションズ)薄膜二次電池
・リン酸リチウムベースの全固体薄膜二次電池

■ エナジーマイクロ社 システム制御用マイコン
・ナノアンペアで動作する超低消費電力 32bit マイコン

■ ゲインスパン社 Wi-Fi モジュール
・電池一本で10年動く 超低消費電力 Wi-Fi & Module

各製品の詳細
http://www.altima.co.jp/solution/energyharvest/product_lineup.html


  ヤマハ株式会社について
ヤマハ社に関する詳細は Web サイト (http://jp.yamaha.com/)をご覧ください。
  株式会社アルティマについて
株式会社アルティマは1991年に設立され、日本の市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービス及び技術支援を提供しています。当社は設立当初より米国アルテラ社の FPGA/CPLD 製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミング及びその他トータル・サポートを提供しています。 また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、ストレージ装置、OA 機器等、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、さらにトータルソリューションをお届けしています。アルティマに関する詳細は、Web サイト(http://www.altima.co.jp/)をご覧ください。
 

本プレスリリースに関するお問合せ先

<報道関係者様からのお問合せ先>
■ 株式会社アルティマ
マーケティング企画室 熊倉

TEL:045-476-2155 FAX: 045-476-2156
お問合せフォーム:http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html 
URL:http://www.altima.co.jp/


<お客様からの製品に関するお問合せ先>
■ 株式会社アルティマ
プロダクトセールス3部 鳥羽田(とばた)

TEL:045-476-2045 FAX: 045-476-2046
お問合せフォーム:http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html
 

※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼
  • オンラインショップ
  • セミナ・ワークショップ
FPGA2.0
開発事例
メールマガジン