ALTIMA

マクニカグループ 株式会社アルティマ

  • 目的・課題から探す
  • メーカーから探す
  • 製品カテゴリから探す
  • サポート
  • アクセスマップ
  • トップディレクトリ
  • Press Release
  • >アルティマ、Northwest Logic(ノースウェストロジック)社、Meticom(メルティコム)社と、米アルテラ社 FPGA に対応したMIPI のデモシステムを共同開発
● アルティマ、Northwest(ノースウェスト) Logic(ロジック)社、Meticom(メルティコム)社と、
    米アルテラ社 FPGA に対応したMIPI のデモシステムを共同開発

    〜FPGA でMIPI® DSI に対応した中小型高解像度パネルとの接続が可能に〜
                   
                                                                               2013年7月10日   
 

  株式会社アルティマ(神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)、Northwest Logic Inc.(米国オレゴン州ビーバートン、以下NWL)、Meticom GmbH(独ゲーアデン、以下Meticom)は、このたび、アルテラ社のCyclone® IV、Cyclone V FPGA を使用したMIPI のデモシステムを共同で開発したことを発表します。
 

  当デモシステムはHDMI から入力した動画をCyclone IV FPGA で映像処理し、MIPI D-PHY 準拠のディスプレイに表示する構成になっており、MIPI Display Serial Interface(DSI)対応の中小型高解像度パネルとの相互接続デモが可能になります。 


  DSI 並びにCamera Serial Interface 2(CSI-2) は、低価格の組込み用途ディスプレイ及びカメラ向けインタフェースの業界標準になりつつあり、これらの規格についてはMIPI Alliance(www.mipi.org) により規格策定が進められています。今日、FPGA においてもIPを使用したMIPI の採用が始まっていますが、既存のFPGA においてはI/O 特性の理由からMIPI を通常サポートしていません。このため、今回MeticomのMC20002 FPGAブリッジIC とNWL のMIPI コントローラ IP を組み合わせて使用することにより、FPGA ベースの完全なMIPI ソリューションが実現可能となりました。
 
今回、アルティマはデモシステムを開発する上でFPGAデザイン全体の開発並びにMeticomのIC を使用した拡張ボードの開発を行いました。MIPI 部分については、MeticomのMC20002 FPGAブリッジIC とNWLのDSI コントローラ IP を使用し構成しています。詳細については、下記をご覧ください。 http://www.altima.jp/solutions/technology/hi-speed/mipi_demo.html
 
NWLのプレジデントであるBrian Daellenbach(ブライアン ダレンバック)氏は、「アルティマは素晴らしいデモシステムを最小限の時間で企画/開発しました。このデモシステムによりお客様はFPGAでのMIPI システムを迅速かつ低リスクに構築可能です。当社はこのたびアルティマ、Meticomとの緊密な協業ができ大変喜ばしいです。」と述べています。


Meticomのマネージング ディレクタのWolfgang Schambeck(ウォルフガング スハンバック)氏は「当社のFPGA ブリッジIC とNWLのコントローラIPを組み合わせたアルティマのデモシステムは、FPGA でのMIPI システム構築に際しての信頼できるプラットフォームとなります。アルティマの優秀なデザインチームは最小限の時間かつ最小限のサポートで当システムを構築しました。」と述べています。

アルティマは、当デモシステムを、MIPI インタフェースが要求される幅広い組込み機器をターゲットに展開していきます。当ボードと接続可能なアルテラ社の開発キットは、低価格FPGAのCyclone IV、Cyclone V開発キットと接続可能で、アルテラ社のArria® シリーズ、Stratix® シリーズ搭載の開発キットやアルティマ開発のボードへの対応も予定しています。  

【用語説明】
 
MIPIMobile Industry Processor Interfaceの略。MIPI Allianceが策定する、モバイル機器の
            カメラやディスプレイとのインタフェース規格。

■ DSIDisplay Serial Interfaceの略。ディスプレイのインタフェース規格。
 
 
CSICamera Serial Interfaceの略。イメージセンサのインタフェース規格。
 
 
D-PHY:基本的に差動で動作する1レーンあたり最大1.5Gbpsの物理層規格。

HSMC:アルテラ社の評価ボードに搭載されている高速転送可能な拡張インタフェース。


  株式会社アルティマについて
株式会社アルティマは1991年に設立され、日本の市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービス及び技術支援を提供しています。当社は設立当初より米国アルテラ社の FPGA/CPLD 製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミング及びその他トータル・サポートを提供しています。 また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、ストレージ装置、OA 機器等、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、さらにトータルソリューションをお届けしています。アルティマに関する詳細は、Web サイト(http://www.altima.co.jp/)をご覧ください。
 
  Northwest Logic Inc.について
Northwest Logic Inc. は1995年に設立されたオレゴン州ビーバートンに拠点をおき、メモリインターフェースソリューション(DDR4/3/2、LPDDRM3/2/1、RLDRAMM3/2)、PCI Express ソリューション、MIPI ソリューション(CSI-2、DSI)を含む高性能かつ信頼性の高いIP コアを提供しています。これらのソリューションはFPGA、ASIC、ストラクチャードASICを含むあらゆる種類のプラットフォームをサポートしています。 Northwest Logic Inc.に関する詳細は、www.nwlogic.com をご覧ください。
 
  Meticom GmbHについて
Meticom Gnbh は産業機器、医療、テスト&計測、車載、軍事を含む幅広い市場向けにカスタマイズでの高性能インターコネクトの設計、製造を手掛けています。製品ポートフォリオとして、アクティブの光インターコネクトケーブル、ASIC 用のインターコネクトソリューションを用意しており、幅広い技術支援を行うことが可能です。 Meticom GmbH に関する詳細は、www.meticom.com をご覧ください。

  本プレスリリースに関するお問合せ先

株式会社アルティマ
<報道関係者様からのお問合せ先>
マーケティング企画室 熊倉
TEL:045-476-2155 FAX: 045-476-2156
URL:http://www.altima.co.jp/
http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html(日本語 お問合せフォーム)
 

<お客様からの製品に関するお問合せ先>
技術統括部 ソリューション1部 小佐野
TEL:045-476-2195 FAX: 045-476-2093
http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html(日本語 お問合せフォーム)
 
※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
 
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼
  • オンラインショップ
  • セミナ・ワークショップ
FPGA2.0
開発事例
メールマガジン