ALTIMA

マクニカグループ 株式会社アルティマ

  • 目的・課題から探す
  • メーカーから探す
  • 製品カテゴリから探す
  • サポート
  • アクセスマップ
  • トップディレクトリ
  • Press Release
  • >アルティマ、4K・8K 解像度、非圧縮ビデオ伝送の各種プロセッシングに最適なアルテラ社 28nm Arria V GX FPGA 搭載開発キットを開発、販売開始
● アルティマ、4K・8K 解像度、非圧縮ビデオ伝送の各種プロセッシングに最適なアルテラ社 28nm
    Arria V GX FPGA 搭載開発キットを開発、販売開始
    〜放送機器・映像処理機器向 デザインの評価/検証に最適〜
                      2013年4月8日   
 

  株式会社アルティマ(神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)は、このたび、放送機器を含む映像処理機器の設計者向けに、アルテラ社のミッドレンジ FPGA Arria® V GXデバイスの評価、設計を支援する開発キットを2013年6月中旬より販売開始することを発表します。
 

  今回アルティマが開発した開発キットは、TSMC 社28nm LPプロセスを採用した処理性能及び柔軟性に長けたアルテラ社Arria V GX FPGAを搭載しており、負荷の高い映像処理に不可欠な高速かつ大容量の外部メモリの搭載、及び、SD-SDI / HD-SDI / 3G-SDI、SATAインタフェースを初めとする放送機器において一般的に使用される各種インタフェースをプラットフォームとして搭載しています。
 

  近年、放送業界においては、日本国内に限らず世界規模でデジタル放送の開始による高画質化だけでなく、4K 解像度、8K 解像度への移行や放送と通信の融合等、次世代コンテンツ制作および配信機器向けの高性能ソリューションへの対応が必要とされています。そこで、当開発キットを使用し複数のインタフェースを組み込むとともに4K、8K 解像度、非圧縮ビデオ伝送の各種プロセッシングを行うことによって、製品の早期市場投入が実現できるだけでなく、仕向地毎に異なる仕様をプラットフォーム化する事で最終製品の部品コストを削減することが可能になります。
 
また、当開発キットにはアルティマが取り扱うリニアテクノロジー社の高性能アナログICIDT社のクロック&タイミングICを搭載しており、アルテラ社FPGAと合わせた包括的な技術・営業サポートを提供します。
 
アルティマは、当開発キットを放送機器に限らずOA機器や産業機器など画像処理が要求されるあらゆる機器をターゲットに販売していきます。また、海外においてもマクニカグループの各海外子会社にて、北米・中国・台湾・ASEAN 諸国での販売も予定しています。
 

なお、当開発キットは、2013年4月8日より米国ラスベガスで開催される『NAB 2013』のアルテラ社ブース(ブース番号:Booth SU12011)において展示を行います。
 
▼ブース詳細
http://www.altera.com/education/events/northamerica/evt-nab.html
 

■ アルティマ製 「Broadcast +(プラス) 開発キット」の特徴
 
    ・ 別途、当社製「3G / HD / SD 対応 8ch SDI 評価用ドータ・カード」を使用することにより、最大
       16chのSDIインタフェースの搭載が可能
 
    ・ SD / HD / 3Gにマルチで対応可能なSDIインタフェース
 
    ・ 豊富なメモリリソース
 

■ 主な仕様

    ・ 搭載FPGA : Arria V GX FPGA(5AGXFB3H4F40C4N)

    ・ 搭載メモリ : DDR3-1333 64bit x 2 、Flash メモリ

    ・ 拡張コネクタ : HSMC x 2

    ・ その他インタフェース : JTAG、10/100/1000 Ethernet、SATA x 4、S/PDIF、RS-232C、
                                       DIPスイッチ、 Pushスイッチ、キャラクタLCD
   

■ ご提供内容
 
    「Broadcast + 開発キット」にリファレンスデザインを同梱
 

■ 製品仕様・詳細

    http://www.altima.jp/products/devkit/altima/arriav_broadcast_plus/

 
■ 参考画像 : 「Broadcast + 開発キット」


 
【用語説明】
 
■ 28nm LP プロセス:最小のスタティック消費電力となるプロセス
■ 4K解像度:水平画素数4,000×垂直画素数2,000前後の画面解像度を持つ動画フォーマットの総称
■ 8K 解像度:水平画素数8,000×垂直画素数4,000前後の画面解像度を持つ動画フォーマットの総称
■ HSMC:アルテラ社の評価ボードに搭載されている高速転送可能な拡張インタフェース


  株式会社アルティマについて
株式会社アルティマは1991年に設立され、日本の市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービス及び技術支援を提供しています。当社は設立当初より米国アルテラ社の FPGA/CPLD 製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミング及びその他トータル・サポートを提供しています。 また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、ストレージ装置、OA 機器等、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、さらにトータルソリューションをお届けしています。アルティマに関する詳細は、Web サイト(http://www.altima.co.jp/)をご覧ください。
 

  本プレスリリースに関するお問合せ先

株式会社アルティマ
<報道関係者様からのお問合せ先>
マーケティング企画室 熊倉
TEL:045-476-2155 FAX: 045-476-2156
URL:http://www.altima.co.jp/

<お客様からの製品に関するお問合せ先>
技術統括部 ソリューション1部 小佐野
TEL:045-476-2195 FAX: 045-476-2093
http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html(日本語 お問合せフォーム)
 
※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。
 
  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼
  • オンラインショップ
  • セミナ・ワークショップ
FPGA2.0
開発事例
メールマガジン