ALTIMA

マクニカグループ 株式会社アルティマ

  • 目的・課題から探す
  • メーカーから探す
  • 製品カテゴリから探す
  • サポート
  • アクセスマップ
●アルティマ、米アルテラ社 FPGA 向けの「USB 3.0 インタフェース・ボード」を開発
   〜サイプレス社の USB 3.0 コントローラを用いた業界初の1080p、60フレーム/秒の非圧縮での動画転送を実現〜 
 

  株式会社アルティマ(神奈川県横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:三好 哲暢、以下アルティマ)は、このたび、USB 3.0初の1080p、60フレーム/秒の非圧縮での動画転送を実現する、「USB 3.0インタフェース・ボード(型名: ALTHSMCUSB3 )」を開発し、2012年11月中旬より販売開始することを発表します。
 

今回アルティマが開発した「USB 3.0インタフェース・ボード」は、サイプレス社のUSB 3.0コントローラIC「EZ-USB FX3™」と、アルテラ社FPGA開発キットとを、接続可能にする高速転送インタフェース(HSMC)を搭載しています。当ボードに同梱される、マクニカ社が開発したUVC(USB Video Class)リファレンス・デザインが、USB3.0コントローラ「EZ-USB FX3」の性能を最大限に引き出すことに成功したため、USB 3.0「EZ-USB FX3」搭載製品として初めて、1080p、60フレーム/秒の非圧縮で高解像度の高速動画転送を実現することができ、USB 3.0対応の組込機器への開発・評価が可能になりました。
 

サイプレス社USB 3.0コントローラ IC 「EZ-USB FX3」は、独自技術のプログラマブルI/O(GPIF™:General Programmable Interface)をさらに拡張した GPIF II を採用しており、この新プログラマブルI/Oは、8/16/32ビットのバス幅が選択可能で、最大400MB/秒の処理能力を持っています。GPIF II Designer ツールキットを使用することで、システム開発者のニーズに合わせた GPIF の設定により、EZ-USB FX3 は GPIF II を通じて、あらゆるプロセッサ、ASIC、FPGA に接続可能となります。
 

USB 3.0( SuperSpeed USB:最大5Gbps )は、PC や PC 周辺機器、デジタル家電に限らず、FA 機器特にマシンビジョンに代表されるようなFA カメラを中心に産業機器市場においても急速に拡大し始めています。
また、FPGA に関しては、開発サイクルの短縮や各種仕様に対する柔軟性、開発から量産までのトータルコストの低価格化が産業機器市場においても求められ、今まで以上に需要が高まっています。
そこで、この度開発した当ボードとアルテラ社FPGA 搭載開発キットを使用することで、組込み機器においてUSB 3.0の高速通信と多種多様な要求仕様に対する設計柔軟性の実現に加え、量産機器の低価格化が可能となりました。
 

アルティマは、当ボードを、USB 3.0 インタフェースが要求される幅広い組込み機器をターゲットに販売していきます。 当ボードと接続可能なアルテラ社の開発キットは、低価格FPGAのCyclone® IV GX FPGA 開発キットをはじめ、今後は Cyclone V ファミリ、Arria® シリーズ、Stratix® シリーズ搭載の開発キットやアルティマ開発のCyclone V GX ベースボードへの対応も予定しています。
 

なお、本製品は、11月14日よりパシフィコ横浜にて開催される『Embedded Technology 2012 / 組込み総合技術展』の日本サイプレス社ブース(ブース番号:B-24)においてデモ・展示を行います。
 

■アルティマ製「USB 3.0インタフェース・ボード( ALTHSMCUSB )」の主な仕様
    ・USB 3.0 ( SuperSpeed USB )に対応
    ・サイプレス社製 USB 3.0デバイス「EZ-USB FX3(CYUSB301)」搭載(*注)
    ・Micro USB 3.0 コネクタ (B Type)
    ・アルテラ開発キット用拡張コネクタ:HSMC(High-speed Mezzanine Connector)実装
    ・RS232C (D-sub 9)
    ・デバッグ用に以下のピンヘッダを搭載:
      ‐RS232C(D-sub 9)
      ‐JTAG
    ・RESETスイッチ
    ・DCジャック(スタンドアロンでも動作可能)
    *注:本ボードではHostには対応していません。
 
 
■ご提供内容
   「USB 3.0インタフェース・ボード」にマクニカ社リファレンスデザインを同梱
 
■製品仕様・詳細:
   http://www.altima.jp/products/devkit/altima/usb3_board.html
 
■販売開始時期
   2012年11月中旬(販売開始予定)
   2013年1月中旬(出荷開始予定)
 
■製品写真
   「USB 3.0 インタフェース・ボード」

 

【用語解説】 

■UVC(USB Video Class):USB機器で映像を扱う際に使われるソフトウェアの規格。
■GPIF(General Programmable Interface):設定可能なプログラマブルインターフェースであり、
   あらゆるプロセッサ、ASIC、またはFPGA との直接接続が可能
■GPIFII Designer:設計者のニーズに合わせて、直感的に開発・設定ができるツール 
■HSMC:アルテラ社の評価ボードに搭載されている高速転送可能な拡張インタフェース。

 

【出展情報】 
USB 3.01080p60フレーム/秒の非圧縮で高解像度の高速動画転送を実現するデモを実演します。
 
■展示会名:Embedded Technology 2012 /組込み総合技術展

開催日:20121114()1116日(金) 

会場:パシフィコ横浜 日本サイプレス・ブース内(小間番号B-24

詳細:http://www1.jasa.or.jp/et/ET2012/index.html

 
  株式会社アルティマについて
株式会社アルティマは1991年に設立され、日本の市場へ半導体をはじめとする世界の最先端で高性能な製品の販売、サービス及び技術支援を提供しています。当社は設立当初より米国アルテラ社の FPGA/CPLD 製品の販売において、世界をリードするディストリビュータの1社であり、アルテラ社製品を使用した開発のサポート、技術サポート、プログラミング及びその他トータル・サポートを提供しています。 また、通信機器、産業機器、ディジタルコンスーマ機器、ストレージ装置、OA 機器等、幅広いアプリケーションをターゲットとする多種多様な先端製品を取り扱い、同様に技術サポートを提供することにより、さらにトータルソリューションをお届けしています。
 
アルティマに関する詳細は、Web サイト(http://www.altima.co.jp/)をご覧ください。
  株式会社マクニカについて
株式会社マクニカは1972 年の設立以来、エレクトロニクスおよび情報通信の領域で、半導体やネットワーク関連機器などを企画開発、販売する技術商社&ソリューションプロバイダーです。最先端のエレクトロニクス商品を数多く取り揃え、常に先進の技術や知識をより高い付加価値とともに提供しています。また、市場の動きや顧客のニーズを的確に捉え、独自のきめ細かいサービス&サポートを確立し、商品の設計や開発を支援しています。当社は、東京取引証券所市場第一部に上場し、横浜に本社を構え、香港、上海、台湾、シンガポール、台湾、韓国、タイ、アメリカ、ドイツに現地法人を有しています。当社の海外子会社であるCytech Technology、Cytech Global、GALAXY FAR EAST、Macnica Americasはアルティマ同様に米国ALTERA社の代理店です。

マクニカに関する詳細は以下のWebサイト(URL:http://www.macnica.co.jp/)をご覧ください。
 サイプレスについて
サイプレスは、Time-to-Marketを短縮しながらシステムの付加価値を高める、高性能なミックスドシグナル プログラマブル ソリューションを提供しています。サイプレスの製品ラインアップには、フラッグシップ製品であるPSoC® 1、PSoC 3およびPSoC 5 プログラマブル システム オンチップ ファミリに加え、その派生品であるタッチスクリーンに向けのCapSenseタッチ センシングおよびTrueTouchソリューションがあります。サイプレスはUSBコントローラのリーダーでもあり、マルチメディア携帯機器やPC、タブレットの接続性と性能を高める高性能West Bridge®ソリューションを提供しています。また、SRAMメモリの市場においても世界的なリーダー企業です。サイプレスが対象とする市場は多岐にわたり、民生、携帯電話、コンピュータ、データ通信、車載、産業、および軍事などの機器を対象にしています。サイプレスはNASDAQ Global Select Marketに上場 (銘柄コード:CY) しています。

詳細はサイプレスのウェブサイト (japan.cypress.com) をご覧ください。

  本プレスリリースに関するお問合せ先

<報道関係者様からのお問合せ先>
■ 株式会社アルティマ
マーケティング企画室 熊倉
TEL:045-476-2155 FAX: 045-476-2156
E-mail:contact@altima.co.jp
URL:http://www.altima.co.jp/

■ 日本サイプレス株式会社
マーケティング コミュニケーション 竹腰
TEL:03-5371-2346
E-mail: miou@cypress.com

<お客様からの製品に関するお問合せ先>
■ 株式会社アルティマ
技術統括部 ソリューション1部 酒井
TEL:045-476-2195 FAX: 045-476-2093
http://www.altima.co.jp/inquiry/inquiry.html(お問合せフォーム)
 
※本文中に記載の社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • 会社概要
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • デモ依頼
  • オンラインショップ
  • セミナ・ワークショップ
FPGA2.0
開発事例
メールマガジン